再生医療支援、ストレスチェックのご相談はウェルネスサポートへ。

ワクチン効果と中和抗体とは?を分かりやすく解説!
NEWS

さて、新型コロナウイルス対策として、ワクチン接種が急速に進んできておりますが、ワクチンを接種することにより自身の身体に産生される『中和抗体のこと』について、どれだけご存じでしょうか。

ワクチンを接種したからと言って100%コロナに感染しないという保証はありません。

ここでは中和抗体とは?その仕組みは?効果は?ということを分かりやすくご案内したいと思います。

中和抗体とは?

中和抗体とは特定タンパク質の活性を中和できる抗体のことです。ウイルスや細菌などに感染をした場合、またはワクチン などを接種した場合に抗体が産生されます。
抗体は何種類も産出されます。感染抗原のあらゆる箇所に人間の免疫機能は認識し、その認識部位ごとに反応する抗体を産生するのです。
その中で抗原(ウイルスや細菌)を失活させる、つまり病原性を抑える 作用のある抗体を中和抗体と言います。

コロナと中和抗体検査の関係は?

中国においては、新型コロナウイルスに感染した94%の人が中和抗体を持っていたとの報告もありました。


また、横浜市立大学の山中 竹春 教授の研究によると、感染から6か月後と1年後にも中和抗体が持続していることを確認しつつも、変異株においては抗体の量が減少傾向にあると報告しております。
したがって、中和抗体を保有していたとしても、必ずしも再び感染しないとは言い切れませんので、注意が必要です。

ただ、一度中和抗体ができれば免疫の記憶機能から、たとえ中和抗体が減少しても次回同じ抗原が入ってくれば必ず反応は初回より迅速になると考えられているため、再び感染したとしても重症化しにくくなると考えられます。

感染と防御の仕組み

コロナウイルスがヒトの細胞に感染する際、ウイルスは先端にあるスパイク部をヒトの細胞と結合させようとします。中和抗体は身代わりとなってスパイク部に結合し、細胞を感染から守ります。そのため、中和抗体を保有している人は感染しにくくなるのです。

ワクチン接種1回目と2回目の効果の違い

ファイザー社製やモデルナ社製のワクチンは2回接種が前提で承認されています。

しかし、1回接種のみでも発症や感染を70~80%以上抑制するという報告がイギリス、イスラエル、アメリカから相次いでいます。

 

さらに1回接種後に感染したとしても、家庭内で家族に感染する割合が40から50%減少するという報告もイギリスから行われています。

 

一方で、ワクチン接種により出来る中和抗体(感染を防ぐ力のある抗体)の量は、1回接種のみでは個人差が大きいことも報告されています

 

また、アメリカの製薬大手ファイザーは、「臨床試験では1回目の接種後にどれだけの有効性があるか十分示されていない」としており、2回接種の重要性を示しており、横浜市立大学の山中竹春教授らの研究でも、ワクチンは変異株に対しても有効であるとしつつ、2回接種による効果が高いことを伝えています。

 

したがって、現時点では、1回目の接種でも一定の効果はあるものの十分ではなく、2回目の接種によりワクチンの効果が高まることが示されているため、2回目を接種することが重要ということになります。

検査実施をおすすめする方

以下の方は中和抗体検査を行って頂くことをおすすめします。


  • ①ワクチン接種後に副反応がなく、本当にワクチンが効いているのか心配な方。
  •  
  • ②1回目のワクチンで副反応が強く、2回目が打てるか心配。もう抗体がついているのか確認したい方。※ワクチンは2回の接種が推奨されています。
  •  
  • ③ワクチン接種前や接種後に自分の抗体価を確認したい方。

  • ④過去に新型コロナに感染したかどうか不明で、ワクチンを接種すべきかどうか迷っている方。 ※過去に新型コロナにかかっていても、WHO等ではワクチン接種が推奨されています。

検査実施のタイミングは?

アメリカ疾病対策センター(CDC)の報告では、昨年12月14日から今年3月13日までにファイザー社製、またはモデルナ社製のmRNAワクチンを接種した3950名について、毎週PCR検査を行っています。

その結果、1回接種により感染を80%、2回接種により90%抑制したと報告しています。

1回目も2回目もワクチン接種後に効果が出るまでは2週間程度必要としています。

以下図の通り、検査のタイミングとしては、ワクチン接種後、2週間後位が目安と考えて頂いた方が良いかと思われます。また、自身の中和抗体がいつまで存在しているかは定期的にご確認頂くことをお勧め致します。

中和抗体検査キットによる自己検査

ワクチンを接種したからと言って、中和抗体が産生されない方もおられます。自身に中和抗体があるのか、従業員が中和抗体を保有しているのか、を確認することは重要です。

中和抗体の産生を確認するには、市販で販売されているキットで確認が可能です。

中和抗体検査では、コロナウイルスに特化し感染防止能力を持ったタンパク質(中和抗体)を検出できます。

市販されている抗体検査キットの多くは、抗体全体について検出するものですが、中和抗体検査キットは、ウィルスの感染力を失わせる「中和抗体」に特化して検出するものです。購入時には間違えいないようにご注意下さい。

【コロナ対策】各種検査キットの違い 

各種検査キットなどが販売されておりますが、目的に応じた検査キットを選択する必要がありますので、間違わないよう、以下の比較表を参考にして頂ければと思います。

最後に 

ワクチン接種が急速に進んでおり、ワクチン接種の流れで中和抗体の確認をされる方が多くなってくることと思われます。

また、職域接種なども6月21日からスタートするため、接種と併せて中和抗体検査キットを従業員に渡して抗体の確認を行うケースも多くなろうかと思います。特に企業のご担当者においては、ワクチンが誰にでも効き目がある訳ではなく、また100%感染を防ぐということではないことを理解しておくことが重要です。

 

以上、中和抗体に関する解説は参考になりましたでしょうか。

中和抗体の有無を確認したい、従業員に確認させたい、という方は、以下サイトでも取り扱っておりますので、参考にして下さい。

\ご購入を検討される方はこちら!/ 下記をクリック!

ストレスチェック、産業医紹介、復職支援、健康診断手配、メンタルヘルスケア他各種研修、産業保健関連についての業務は弊社へご相談下さい。

ストレスチェックの委託会社・代行業者をお探しなら、厚生労働省・労働安全衛生法に基づく義務化に対応した、弊社へご相談を。企業・職場のストレスチェック実施費用のお見積り・プラン毎の料金・価格比較などお気軽にご相談下さい

▲ ページトップへ