再生医療申請支援、ストレスチェックのご相談はウェルネスサポートへ。

【再生医療】PRPキット/メーカー各社のご紹介
NEWS

PRPキット/メーカー各社のご紹介


本記事では、PRP治療の導入を検討されている医師、医療機関の方向けに、

現在の①再生医療の導入状況をはじめ、②患者への提供価格帯、③PRPキットはどこのメーカーが扱っているのか、等…よくご相談頂くことについて触れて参ります。

導入を検討される際の参考にして頂ければ幸いです。

再生医療の導入状況

厚労省による定期報告によれば、既に令和4年1月時点で4,500件以上の医療機関が再生医療による治療(PRP以外の治療も含む)を導入しており、徐々に広く浸透しつつある状況です。

毎年、再生医療を利用する患者及び導入クリニックが増加しているため、今後更に拡大することが考えられます。

PRPの導入メリット

PRP治療を導入することによる考えられるメリットとして、

①既存の患者への新たな治療として提案が可能、
②他クリニックとの差別化が図れる(新規顧客開拓にも繋がる)
③自由診療の導入により収益の幅を広げられる、

等のメリットも考えられるため、導入を検討される医療機関、医師の方も多いようです。

PRP治療の導入におけるご相談例

また、PRP治療を検討されるクリニック、医師の方からのご相談で特に多いのが、

①PRPキットはどんなメーカー・製品があるのか、
②患者への提供価格の相場はどの程度なのか、
③PRPキット自体のメーカーからの購入価格はどれくらいか、
④自クリニックの周辺医療機関での導入状況はどうか・・・等

のご相談やご質問を多く伺います。

導入を検討される医療機関としては、当然PRPキットのメーカーやその購入価格、そして患者への提供価格などを調べたうえで導入を決定する必要があります。

また、周辺の医療機関が既に導入されているのか、患者への提供価格はいくらで設定しているのかもリサーチして設定しなければ、治療を開始しても他クリニックの方に患者は流れてしまうことになりかねません。

PRP治療やキットの価格相場

PRPキットのメーカーの販売価格は、非認証の製品を含めると、1キット1万円程度~数十万円するものまで様々です。

また、患者への提供価格帯も、3万程度~30万以上(厚労省 各種申請書作成支援サイトより)と大きな幅があります。

そのため、PRP治療の導入の際には、PRPキットの特徴や自院の患者層などを踏まえた検討の他、事前の収支シミュレーションも重要となります。



◆ご相談者には以下無料支援◆

1.導入収支シミュレーション表のご提供

2.周辺機関のPRP提供状況・価格調べ


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%B7%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-1-1024x637.png

▶お問合せはこちら◀

PRPキットのメーカーと製品の特徴

それではPRPキットを販売しているメーカー及び製品はどのようなものがあるのか、参考に複数のメーカー・製品を以下にご案内させて頂きます。

今後、メーカーや製品を選択する際の参考にして頂ければと思いますが、導入を検討される際には、事前に候補とするメーカーから直接製品の扱い方やキットの特徴などの説明を受けたうえで決定頂くことをお勧めいたします。

ヤマト科学|TriCeLL

特徴

  • クラスⅢ取得で国際パテント(特許)取得の製品
  • 異物混入リスクが少ない完全密閉構造
  • マニュアル操作により白血球の濃度調整が可能
  • 高濃度なPRPを採取可能、最大濃縮率は9倍
  • シンプルな工程による、短時間でのPRP採取可能
  • 2つのロッキングバーにより、PRP(多血小板血漿)/血漿/赤血球を完全分離
  • PRPの採取量を使用用途に応じて1cc~5ccで調整可能
メーカーヤマト科学
製品名TriCeLL PRP分離・濃縮キット
遠心機自社専用機コクサン社製
遠心機(回数と時間)1回目4分 2回目3分
遠心機(回転数)1回目 3,200回転 4分
2回目 3300回転 3分
血液採取量男性30ml 女性32ml 共に
ACD-A液を3cc加える
PRP採取量1~5ml(調整可能)
作成から4時間以内
認可高度管理医療機器(クラスⅢ)
国際パテント
臨床使用可能
製造国韓国
区分LR-PRP
選択可能(rich、poor)

ジンマーバイオメット|GPSⅢ、APSキット

特徴

  • APS療法を採用(炎症を抑える良いタンパク質と成長因子を高濃度に抽出可能)
  • 国内外で豊富な使用実績あり
  • PRPキットのパイオニア的メーカー
メーカージンマー・バイオメット
製品名GPSⅢ、APS キット
遠心機自社専用機
遠心機(回数と時間)2回(①15分 ②2分)
遠心機(回転数)1回目 3,200回転 15分
2回目 2,000回転 2分
血液採取量60ml
PRP採取量APS 2.5ml
認可高度管理医療機器
(クラスⅢ)
臨床使用可能
製造国米国

京セラ|Condensia

特徴

  • LP-PRP、LR-PRPの作り分け可能
  • 市販の遠心分離機が使用可能
  • 閉鎖式のため術者への血液飛散が低減できる
  • 全血18mLから3mLのPRPが精製可能
  • 日本製PRP調製キット
メーカー京セラ
製品名Condensia
遠心機市販の遠心分離機を使用
遠心機(回数と時間)2回(600xg:7分、2,000xg:5分)
血液採取量18mL+クエン酸ナトリウム溶液2~3mL
PRP採取量2~4mL
認可高度管理医療機器
(クラスⅢ)
臨床使用可能
製造国日本

Arthrex JAPAN|ACPダブルシリンジ

特徴

  • PRPの分離を無菌操作で行える
  • 採血から投与まで同一シリンジでPRPを無菌的に作成
  • 白血球濃度が全血以下
  • 濃縮率は2~3倍
メーカーArthrex JAPAN
製品名ACPダブルシリンジ
遠心機自社専用機
遠心機(回数と時間)1回(5分)
遠心機(回転数)1,500回転 5分
血液採取量15ml+1.5mlACD-A液=16.5ml
PRP採取量1ml+血漿
30分以内の使用なら凝固剤無し
認可高度管理医療機器
(クラスⅢ)
臨床使用可能
製造国米国

テルモ|スマートプレップPRP

特徴

  • 専用の遠心分離機で多血小板血漿(PRP)もしくは濃縮骨髄液(BMAC)を分離可能
  • 二回の遠心分離の間に行うデカント処理も自動
メーカーテルモ
製品名スマートプレップPRP
遠心機自社専用機
遠心機(回数と時間)1回目14分
2回目10分
血液採取量PRP:30or60 ml
BMAC(骨髄向け):60or120ml
PRP採取量30ml→3-4ml
60ml→7-10ml
認可高度管理医療機器
(クラスⅢ)
臨床使用可能
製造国米国

Kaylight|MyCells

特徴

  • 美容系を中心に国内外で豊富な使用実績あり
  • リーズナブルな価格設定
  • 非認可製品であるため、キットは医師による自己輸入
メーカーKaylight
製品名MyCells
遠心機コクサン社製
遠心機(遠心回数と時間)1回(7分)
遠心機(回転数)3,500回転 7分
血液採取量11ml,22ml
PRP採取量1~5ml
認可非承認
製造国イスラエル

Ycellbio Medical Co., Ltd.

特徴

  • 国内美容系クリニックで使用実績あり
  • シンプルなプロトコル と抽出しやすいスリムネック
  • 安定して高濃度のPRP抽出が可能
  • 採血後から採取までを1つのチューブ内で行うクローズドシステム 
  • 非認可製品であるため、キットは医師による自己輸入
メーカーYcellbio Medical
製品名YCELLBOI PRP KIT
遠心機10mlの採血管に対応できる遠心分離機
遠心機(遠心回数)1or2回
血液採取量15ml
PRP採取量1.5ml
認可非承認
製造国韓国

エイオン・インターナショナル|Acti-PRP

特徴

  • 不妊治療分野を中心に国内外で豊富な使用実績あり
  • 多種類のPRP派生物質を簡易に抽出
  • 抗凝固剤が不要
  • 血小板濃縮度調整の幅が広い(PRP濃度を選択可能)
  • シンプルな工程で抽出可能
  • ほとんどの市販遠心分離機で対応可
メーカーAeon International
製品名Acti-PRP
遠心機市販の遠心分離機を使用
遠心機(回数と時間)1回6分(治療目的によって、回数を増やすことでPL等派生物を作ることは可能)
遠心機(回転数)3,600回転 6分
血液採取量20ml
PRP採取量0.5-5ml/ 本
製造国台湾

PRP治療導入サポートサービスのご紹介|PRPキット「購入・変更・追加」ご相談下さい

PRP治療導入サポートサービスのご紹介|PRPキット「購入・変更・追加」ご相談下さい

各PRPキットメーカーの特徴をご紹介してきましたが、まだ「どのPRPキットを選ぶべきか」という判断はなかなかつきについかと思います。

また、PRP治療の導入にあたっては、再生医療に関する法律に基づき、認定委員会などの審査を経て、厚生局より許可を得る必要があります。

当社㈱ウェルネスサポートは、PRPキットメーカーのご紹介を始め、再生医療の提供計画の作成や導入支援サービス、治療開始後のアフターフォローなどを行っております。

 
〈PRP治療導入をご検討の先生へ〉

ご相談頂いた方へ以下支援します(無料)

①導入収支シミュレーション表のご提供

②周辺医療機関のPRP提供状況・価格調べ


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%B7%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-1-1024x637.png

PRP治療の導入に関する疑問点が御座いましたらお気軽にご相談下さい。

\電話:03‐6712‐8465/

再生医療導入支援サービスについては、下記ページで詳しくご紹介しております。

▲ ページトップへ